ストーカー被害

ストーカー被害に遭われた方のお話を伺うと、「まさか自分がストーカーに遭うなんて……」と戸惑われているケースが多く見られます。ストーカー被害者の多くは、分かりにくい嫌がらせから始まり、次第に深刻なストーカー被害へと変化していきます。

もしかしてストーカー? ストーカー被害の例

ご自身がストーカー被害に遭っていても、それに気づいていなければ対策が遅れてしまいます。
事態を深刻化させないためには、「何をされればストーカー被害と認定されるのか」を把握しておく必要があるのです。

ストーカー規制法では、以下の行為を繰り返すとストーカーとして処罰されます。

  • 被害者につきまとったり、待ち伏せをしたりする
  • 被害者の自宅や学校、勤務先周辺での尾行、徘徊
  • 「あなたを監視している」と告げる
  • 面会、交際の強要
  • 粗暴な言動
  • 無言電話やいたずら電話
  • FAX、電子メール、SNS、文書の連続送信
  • 汚物の送付
  • 被害者の名誉を棄損する行為
  • 性的羞恥心の侵害
  • 自宅や車、スマートフォンへの無許可GPS取り付け

ざっと列挙しただけでも、多様な行為がストーカー被害と認定されることが分かります。
もし該当する行為を受けた場合は、記録として残しておくことを強くおすすめいたします。

ストーカー被害に遭ったときの対策

「ストーカー被害に遭ってしまった」と感じたとき、命に危険がある場合は迷わず警察へ連絡してください。

また緊急性がなさそうな場合でも、ストーカー被害が深刻化しないよう、以下の対策を講じることをおすすめいたします。

【ストーカー被害に遭ったときにすべき対策】

  • ストーカー被害者単独での行動を避ける
  • 防犯グッズを持ち歩き、いつでも使えるようにしておく
  • 家族や知り合いにストーカー被害を相談し、情報共有する
  • 助けを求められる場所を複数見つけておく
  • SNSなどに個人情報が特定できる情報を載せない
  • ストーカー被害の内容、加害者の情報をまとめておく

ちなみに、ストーカー被害に遭った方が自分で犯人を捕まえようとするのは絶対におやめください。
犯人が逆上し、取り返しのつかない事態に発展することがあるからです。

ストーカー被害は警察を頼れない場合が

緊急を要するストーカー被害の相談先としては、警察が第一に考えられます。
しかし実際には、ストーカー被害への対応は警察によってまちまちです。

警察によっては高性能の防犯カメラを設置したり、脅迫メールなどを証拠として残しておくよう、ストーカー被害者へアドバイスをしてくれたりすることもあります。

また、ストーカー被害者が夜遅く帰宅する場合には、駅から自宅周辺エリアにパトカーを巡邏させ、警戒態勢をとっていることをアピールしてくれる警察も存在します。

その一方で、ストーカー被害者に対し「民事不介入の原則」を持ちだす警察もあります。

「後をつけられている気がする」といった漠然とした理由だけではなく、相手が元カレだとかいった具合に特定できており、何度も着信があって困っている場合でも、事件にならない限り対応できない」と言い放つケースもあるのです。

事実、ストーカー被害に遭った女性たちの中には「警察に行って相談していたにもかかわらず、命を落としてしまった」というケースも多いのです。

ストーカー規制法が制定された今でも、ストーカー被害者に対し残念な対応を取る警察は実在します。
もし住んでいる地域の管轄警察署が「事前のストーカー被害対策はとらない」という姿勢であれば、自ら対策をとるしかありません。

探偵事務所はストーカー被害の証拠収集のプロ

探偵事務所は浮気や不倫などの証拠写真を集めるといったイメージがありますが、ストーカー被害を受けたときにも頼れる存在です。

犯人がわかっている場合には行動を監視し、ストーカー被害の決定的証拠を押さえます。また相手が誰かわからないときは、尾行などにより誰の仕業なのかを突き止めることもできます。

漠然とつけられている気がするときや、「ストーカー被害を受けているけれど、相手が誰かわからない」というときは、民事不介入の警察よりも探偵事務所がお役に立てるかもしれません。

探偵事務所ではストーカーが行うさまざまな嫌がらせ行為を写真に撮り、“動かぬ証拠”として残します。
また監視カメラを設置して映像を、あるいはICレコーダーを設置して音声を、ストーカー被害の証拠として残すことも可能です。

さらには、ご依頼者様が暴力などのストーカー被害に遭いそうだとなったら、その場で取り押さえてくれます。探偵事務所では男性の探偵がストーカー被害調査を行うケースが多いため、安心してご依頼いただけます。

なお探偵事務所では、女性とチームを組んでストーカー被害調査にあたることもございます。
これは密室になりそうな化粧室など、“女性でないと依頼者を守れない場所”でのストーカー被害を防ぐことが目的です。ご要望を頂ければ臨機応変に対処いたしますので、お気軽にご相談ください。

ストーカー被害調査の例

探偵にストーカー被害調査をご依頼いただく場合は、加害者について知っている情報をご提供いただきます。

相手が知り合いの場合は名前や住所、勤務先、顔写真など。見知らぬ相手からストーカー被害を受けている場合は、喋り方や出没場所、送られてきた手紙・プレゼントの内容などをお伝えください。
電話でのストーカー被害を受けている場合は、録音してデータを残しておいていただくと助かります。

ストーカー被害調査には尾行調査やデータ調査などを用います。ストーカー被害調査の方法は情報量、相手の手口によっても変わります。また、ストーカー被害の内容によっても調査の難易度が変わることがあります。

なお、探偵事務所アーガスでは厳しい守秘義務を設けております。そのためストーカー被害のご相談内容が、外部へ漏れることは決してございません。ご自身で把握している情報、ストーカー被害の情報があれば、気兼ねなくお伝えください。

ストーカー被害と探偵事務所

ストーカー被害に遭う女性の多くは、一人暮らしの女性です。

そのため、探偵事務所にストーカー被害調査を依頼して証拠を掴んでもらえたとしても、「一度は拒否された警察署へ行くのが怖い」「ストーカー被害の証拠を持って出向いていくにはどうしたらいいのか」という不安を抱えられる場合も多いのです。

場合によってはストーカー被害者が相手と直接話し合わなければならないこともあるかもしれず、恐怖心からまともに頭が働かなくなる可能性もあるでしょう。そのようなとき、身近に頼れる人がいないと、とても心細く感じますよね。

こうした事態に備え、ストーカー被害調査では「一緒に警察へ赴いてほしい」「相手との話し合いに同席してほしい」というご要望にも対応可能な場合があります。

ストーカー被害に遭われたものの、一人暮らしで身近に頼れる人がいない。このような場合は、一度探偵までご相談ください。

ストーカー被害調査では「フォロー範囲」を確認することが大切

ストーカー被害調査を依頼する際には、「証拠を押さえる」「万が一の場合相手を取り押さえる」など、どの程度の行為まで対象として含まれるのか、明確にしてもらうことが重要です。

「ストーカー被害の証拠を集めてきましたのでこれで終わります」となったのでは、突然放り出されたような気持にもなるでしょう。しかもその後がいよいよ大変になるだけに、ストーカー被害者ひとりでは結局のところ、どうしようもないということになりかねません。

ストーカー被害の証拠を集めて再度訪れることによって、いまいちな反応だった警察も、以前とは違った態度になる可能性は高いでしょう。しかし、それ以前に事件が起こってしまっては意味がありません。

仮に加害者が後をつけてきていた場合、探偵事務所が現行犯で取り押さえてくれなければ、ストーカー被害者が命を落としてしまう可能性もあります。

こうしたリスクを考えると、探偵にストーカー被害調査を依頼する方法が安心かつ確実なことがお分かりいただけるでしょう。
ストーカー被害調査は「私、ストーカーに遭っているのでは……」と感じた時だけでなく、警察に真剣に取り合ってもらうための手段としても有効です。

今現在お困りではなくとも、こういったストーカー被害の知識を頭の片隅に置いておいていただけますと役立つかもしれません。ストーカー被害でお困りの折には、ぜひ探偵事務所アーガスへご相談ください。

このホームページはストーカー被害調査に特化したホームページです。

Group Site

興信所アーガスリサーチ興信所アーガスリサーチ

調査料金・費用が明確な全国対応の興信所です。

素行調査アーガス東京素行調査専門 アーガス東京

素行調査のご相談や知識に特化した専門サイトです。

探偵赤坂アーガス探偵赤坂アーガス

浮気調査格安プランの赤坂アーガスのサイトです。

興信所は伝統ある東京の興信所興信所は伝統ある東京の興信所

興信所は伝統ある東京の興信所

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら