ストーカー被害対策

ストーカー被害は警察を頼れない場合が

ストーカー被害に遭い、命を落としてしまった女性たちのほとんどが、警察に相談に行って相談していたことが後になってわかります。

けれど、警察によって対応はまちまちで、警察が使用している高性能の防犯カメラを設置し、さらには脅迫メールや、付け狙っていないとわからないような内容のメールを送り付けてきた場合、それらを証拠として残しておくよう、アドバイスをしてくれることもあります。

また、夜遅く帰宅する場合には、駅から自宅周辺エリアにパトカーを巡邏させ、警戒態勢をとっていることをアピールしたりといったこともしてくれる警察もあれば、後をつけられている気がするといった漠然とした場合はもちろん、相手が元カレだとかいった具合に特定できており、何度も着信があって困っているとかいった場合でも、事件にならない限り警察は介入できないという、民事不介入の原則を持ちだすところもあるのです。

ストーカー規制法が制定された今でも、住んでいる地域の管轄内にある警察署が、何か起こったときはすぐに連絡してくださいと言うだけで、事前の対策はとらないという姿勢であれば、自ら対策をとるしかありません。

探偵は証拠収集のプロ

探偵は浮気や不倫などの証拠写真を集めるといったイメージがありますが、ストーカー被害の際に頼れる相手の一つは探偵です。

犯人がわかっている場合には行動を監視し、決定的証拠を押さえますし、相手が誰かわからないときは誰の仕業なのかを突き止めることもできます。

漠然とつけられている気がするときや、嫌がらせをされているのは明らかだけれど、相手が誰かわからないというときは、民事不介入の警察よりも探偵の方がお役に立てるかもしれません。

さまざまな嫌がらせの行為を写真に撮って動かぬ証拠にするほか、監視カメラを設置して映像を、あるいは盗聴器を設置して音声を証拠として残すといった方法もとります。

さらには、被害に遭いそうだとなったら、その場で取り押さえることもしてくれますので、たいていは男性の探偵が調査を行います。

あるいは、女性でないと依頼者を守ることができない場所、たとえば密室になりそうな化粧室などに一緒に入れるよう、女性とチームを組んで調査にあたることもあり、そのあたりは臨機応変に対処してくれるでしょう。

ストーカー対策と探偵

ストーカー被害に遭う女性の多くは、一人暮らしの女性です。

そのため、探偵社に依頼して証拠を掴んでもらえたとしても、一度は拒否された警察署へ、今度は証拠を持って出向いていくにはどうしたらいいのかという不安を抱えることになります。

さらに、相手と直接話し合わなければならないこともあるかもしれず、恐怖心からまともに頭が働かなくなる事態も大いにあり得ることです。

そんな場合に備えて調査依頼の中には、場合によっては一緒に警察へ赴くことや相手との話し合いに同席するということも含まれていますので、一人暮らしで頼れる人がいない女性には大いに安心できます。

そのため、依頼する際には証拠を押さえたり、現場で取り押さえるといったりなど、どのようなことが対象として含まれるのかを明確にしてもらってから、依頼することが大事です。

証拠を集めてきましたのでこれで終わりますとなったのでは、その後がいよいよ大変になるだけに、一人では結局のところ、どうしようもないということになりかねません。

証拠を集めて再度訪れることによって、警察の態度は以前とは違ったものになる可能性が高いとは言うものの、探偵が現行犯で取り押さえてくれなければその場で命を落としてしまう可能性もあります。

こうしたリスクを考えると、ストーカーに付け狙われているのではないかと感じた時、警察が相手にしてくれない場合に選択できる手段の1つと言えるでしょう。

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら