携帯の位置情報調査について

携帯電話 位置情報

携帯電話の位置情報は調べられる?

当探偵事務所の相談の中で、たまに「携帯電話番号を知っているのだけれど今どこにいるのか知りたいので位置情報で探せないか?」という問い合わせが入ります。

この問い合わせの方たちは配偶者や恋人の浮気問題、家族の家出問題、金銭トラブルによる債務者の行方捜索などで悩まれている人たちなのです。

実際に携帯電話番号から所有者の現在の位置情報は掴めるのでしょうか?

まず携帯会社によってはNTTドコモの「ケータイお探しサービス」やソフトバンクの「紛失ケータイ捜索サービス」というサービスがあります。

ただし、これは所有者本人自身が会社に事前に登録しておかなければなりませんし、携帯電話の位置情報の検索をオンにしておかなければなりません。

また、検索すると対象携帯電話に検索中の表示が出てしまいます。

この位置情報の検索はよく自動車保険の事故対応処理サービスなどでも使用されていますが、当然、所有者である事前登録が必要ですし、やはりオンにしておく必要があります。

探偵は警察のように位置情報は調べられない

このサービス以外にもいろいろなサービスやアプリが存在しており、子供の位置情報、認知症障害者の徘徊などに対する処置としても利用されていますが、これらのサービスを利用するには個人にしろグループにしろいずれも事前の登録や認証が必要となってくるのです。

この様な位置情報を検索できるアプリを他人の携帯電話に、例えば配偶者であっても無断で入れたとします。

そして勝手に操作して位置情報を掴んだとしたら、この行為は違法とされます。

配偶者であっても違法とされるこの行為を第三者が実施すれば当然、刑事罰の対象となってしまいます。

また、警察による犯罪捜査では、犯人が使用している携帯電話を特定しその位置情報を突き止め、捜査に役立て成果を上げているとも聞きます。

この方法はあくまでも電話会社からの協力を得ているもので、実際にはどうかは判りませんが携帯電話の電源をオフにしていると全く捜索できないとも言われていますが少しでもオンにした場合にはその位置がすぐに特定できるらしいのです。

多分、探偵事務所に問い合わせされる方のほとんどは、この警察の捜査の方法である位置情報検索を探偵でも出来るのではないか?と期待しているのでしょうが、民間探偵でできるところは全くありません。

携帯の位置情報を調べる業者は詐欺

携帯電話の現在の位置情報を提供する様な謳い文句をしているニセ探偵業者が極希に現れますが、まず詐欺だと思って下さい。

このニセ探偵業者は1回の位置検索に対して数千円から十数万円を取ることがあり、結果は検索したが電源オフにしていた為に出なかった、もしくは全く出鱈目な住所地を教えて来るのだそうです。

例えば、仮に位置情報が取れたとしても、その場所は電話局の基地局、アンテナの位置であり、都心部では半径10mとか50m未満のポイントが出てくるだけなのです。

ですからピンポイントとしてはかなり厳しく、警察は人員を多く投入し確保に当たるのですが、個人や民間探偵ではどうしても限界が出てきます。

尚、携帯の位置情報機能の使ったGPS発信器という追跡装置が出回っていますが、車に使用することでその能力を発揮します。

人に付けられたとしても携帯電話の位置情報と同じように探し出すのは困難と言えます。

それこそデパートにいると判っても何階にいるかも判らず、まして相手も動いているとなると探し出すのは困難です。

ちなみに、車にGPS発信器を付けるのは配偶者であれば問題は無いとされていますが、警察でも最近、最高裁で勝手に付けるのは違法との判断が成されています。

現在、きちんと登録している探偵業者の中で携帯電話の位置情報を検索できる処は皆無と断言できますので、詐欺に引っかからないように注意されて下さい。

携帯番号調査・携帯電話調査・携帯電話番号調査

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら