携帯電話から浮気を知る

携帯電話(スマホ)

携帯電話の浮気チェックリスト

携帯電話を誰もが持つ時代となった現代、浮気するにも携帯電話は浮気相手との連絡手段としては必須アイテムとなっています。

夫の浮気にしても妻の浮気にしても相手との連絡手段は携帯電話を使用しています。

簡単に言えば配偶者の携帯電話の中を覗き見られれば簡単に浮気をしているかを判断できます。

配偶者がなかなか手離さないとしても入浴時や睡眠時に覗き見ることは可能です。(最近は顔認証・指紋認証もありますが)

もし貴方が手にとってもロックが掛かって覗かれないようにしていたら、まず浮気を疑ってもおかしくないのではないでしょうか?

発着信履歴

では覗き見ることが出来たとします。

まずは発信履歴、着信履歴を確認して下さい。

特定の携帯番号、個人や法人と頻繁にやり取りをしていたら控えておいて下さい。

同性の個人名や偽法人名で浮気相手を登録している人もけっこう存在しています。

特に注意するのがその発信、着信の時間です。浮気相手との会話はプライベートな事なので仕事中に掛け合うと言うことは通常考えられません。

確かに外に出て営業する職種の人はこの限りではありませんが多くの人は出勤時間帯、昼休み、退社後から帰宅する時間までに集中しているのが浮気をしている人の特徴です。

ただ中にはこまめに消去してしまう人もいます。

その場合には割引になり、家計が助かるからと言って「ファミリー契約」をして貴方名義にしてしまうのです。

貴方が契約者であれば通話履歴等の情報がそれぞれの電話会社に申し込めば簡単に入手出来ます。そこで何ヶ月分の情報を確認し何時にどの携帯番号にかけていたなどを細かくチェックするのです。

配偶者が浮気をしていれば、おのずと頻繁にかけている電話番号が出てくるはずです。

いくら夫婦であっても配偶者契約の通話履歴はどこの電話会社でも個人情報として開示してくれません。ファミリー契約にして契約者が貴方でなければこの方法は採れません。

メール

次にチェックするのはやはり現代ではメールのやり取りとなるでしょう。

このメールのやり取りは浮気の実態を知るにはかなりの確率で確認できるはずです。

しかし、あくまでも浮気をしている可能性が高いというまでであってなかなか法的にも決定的な浮気の証拠となる内容は押さえることは出来るとは限りません。

2人がやり取りしたメールの内容に肉体関係を示す様な言葉があったとしてもそれが本当であるという証拠はないのです。

ただし探偵に浮気調査を任せ、浮気の証拠が取れれば、このメールのやり取りが浮気の継続性を充分に判断される材料となりますのでメールの内容は写真に納めておくことをお勧めします。

現在では夫婦間の離婚調停においては1回の浮気確認では弱く、浮気の継続性を問うような傾向となっています。

浮気は不貞行為という不法行為ですが、最近の傾向としては「1度の浮気くらいでは離婚までは認められない」という風潮でもあるのです。

そこで必要となるのが特定の人との浮気を立証しなければなりません。それが継続性とも言われています。

また不特定多数の人との浮気も当然、配偶者の浮気の継続性として認識されています。

LINE

メールと同様ですが「LINE」等の無料通信アプリを利用する人も増加しています。

この場合、浮気相手らしき人からLINEメールが来ていたとして勝手に見てしまうと「既読」となってしまい、覗き見していることが配偶者に判ってしまいます。

あくまでもLINEメールが来ていない事を確認して開けないと、貴方が違法性に問われる場合もありますので充分な配慮が必要です。

LINEについても通常メール同様に画像にして保存しておくべきですが、通常メール同様、文章の内容のみでは浮気の確証にはなかなかなり得ません。

画像・動画

更に重要なアイテムが携帯電話にはあります。

画像や動画です。

携帯電話で撮影したものが保存されいますのでチェックしてみて下さい。

もしも浮気相手と裸で撮影したものやいちゃいちゃしている画像などがあった場合、その画像だけで十分な浮気の証拠となるケースも多いのです。

携帯電話は浮気相手との最高の連絡手段

携帯電話は浮気相手との連絡手段として、又、2人の関係性を示すものが残されている場合が多く、チェックしてみると浮気を知るには十分なものが入っている可能性が高いです。

しかし、決定的といえる法的な浮気の証拠と言えるものは少なく、覗き見をして浮気をしていると感じても、決して問い詰めることはせずに当探偵事務所にお任せ下さい。

当探偵事務所の浮気調査なら決定的な浮気の証拠を押さえてご提供できます。その決定的な証拠があることでその後の話し合いは全て貴方のペースで進むはずです。

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら