ホーム > 所在調査

所在調査

所在調査 都会で人探し

所在調査はレディース東京へご相談を

所在調査とは、文字通り、調査対象者の「所在」を調べる調査です。

所在調査を行う理由はいくつかの例が考えられます。

・家族が失踪してしまった時

・浮気をした配偶者が家を出てしまい、行方がわからなくなった時

・お金を貸した等、金銭トラブルの相手と連絡が取れなくなった時

・出会い系サイト等で知り合い、結婚詐欺や交際詐欺にあって相手に連絡を断たれた時 等

 

さまざまな所在調査

一概に所在調査と言いましても簡単なケースからかなり難易度の高いケースといろいろなケースがございます。

貴方が悩んでいらっしゃる所在調査はどういった内容ですか?

簡単ではありますが下記にいくつかの所在調査項目を記述致しましたので該当がございましたらご参考の上、当探偵事務所までご連絡下さい。

まず勤務先は知ってはいるが居住先が知らないので調べたいというケース

これは別居中の配偶者が何かのトラブルで配偶者に居住先を教えていないケースがあります。 既に別な異性と暮らしているのかも知れません。

また勤務先は知っているのですが交際中の彼氏は自宅を教えてくれません。 もしかしたら既婚者で騙されているのかもしれません。 こういったケースでは勤務先からの尾行調査で殆ど判明させることができます。

以前にお世話になった人や初恋の人の現状を知りたいというケース

このような調査案件につきましては御依頼者のお持ちになっている情報や所在が判らなくなった時期によって調査期間、調査料金は異なりますが基本的には内偵調査によって調査していきます。

どんな古い情報でも小さい情報でもそこから手がかりを掴み、現在の居住先を突き止めていきます。 尚、調査の際、探偵という身分を公開する場合もございます。 調査料金形態は着手金と成功報酬になりますが仮に対象者が既に他界されていた事実が判明しても成功とさせて頂きますのでその点はご了承下さい。

家出した人を探したいというケース

調査対象者がお子様か成人以上かの年齢者によって多少異なりますがお子様の場合には警察への捜索願いの届出の徹底と「親権委任状」を提出して頂きます。

また家出した経緯についても命に関わる緊急性を要する場合があると判断された際にはそのような状況下で申し上げにくいのですが担当調査員も増員することが多く、その点のご負担もお考え下さい。

お子様の場合には行動範囲が成人者と比べ、まだ狭いということもありますが最近、ネット上での交友関係も広範囲と変貌しており、かなり難易度が上がっています。 先日、都内の女子中学生が家出した所在調査が2件続けて入りました。

いろいろと調査した結果、ネットで知り合った独身男性のところに転がり込んでいたという結果が判明しましたがそれぞれが北海道、兵庫県と全く個人的には知らない土地の人で連れ戻された女子中学生はネットで知り合った人と言っていたそうです。

最近はこの手の家出も多く、探偵事務所を大いに悩ましています。 成人した者の家出については異性関係や金銭関係、家庭環境、仕事上などの原因が考えられ、さまざまな情報から調査していきます。 調査料金形態は着手金と成功報酬になります。

尚、配偶者の家出において御依頼者側にドメスティックバイオレンスなどの原因による家出であった場合、所在調査はお受けできません。 仮に詐称して依頼されたと判明した時点については即刻中断させて頂きます。 中断時点にまで掛かった経費、人件費等の請求は当然させて頂きますし法的処置もとらさせて頂く場合もございます。

金銭トラブルの相手を探したいというケース

お金を貸したけれど行方を眩ました人物の現在の居住先を調べたいと比較的多い所在調査です。

このケースでは複数から借金して返済に困り、行方を眩ましてしまった人から結婚詐欺師のように最初から詐欺目的で近づいてきた人などさまざまです。

御依頼者の情報が頼りですが基本的には前記同様、着手金に成功報酬制の料金体系になります。 結婚詐欺師などは名前からの情報が全て嘘というケースもありますし捕まれば余罪も出てきて逮捕されるかもしれません。

犯罪者同様、相手も必死に逃げることも多く、プロの詐欺師に対しては探偵も腹をくくって調査しなければなりません。 情報によっては着手金なしの完全成功報酬制でお受けできるケースもありますので当探偵事務所レディース東京の担当相談員に詳細をお尋ね下さい。

探偵事務所に所在調査を依頼するメリット

探偵事務所レディースでは、聞き込み等の情報収集により一般の方では手に入れられない情報も入手できます。

例えば、相手の携帯電話番号を知っている場合、その携帯電話番号から所在を割り出すことも可能です。

また、調査対象者の所在を突き止めるノウハウを持ち、10年以上所在不明していた親族などを見つけ出す等、この道30年以上の経験・実績を積み上げてきております。

対象者の所在調査をお望みの方は、当探偵事務所の無料相談をご利用下さい。

所在調査の現状

所在調査はある人物の居場所を特定する調査であると言えます。

調査手法は様々存在し「地道な聞き込みによるベーシックな調査」に始まり「特定の情報をもとに痕跡から居場所が判明」したりと御依頼者がお持ちになる情報量により調査手法は異なると言えます。

近年は個人情報の壁が高くマスコミでさえ必要な情報が満足に得られない状況にあると聞きます。

あの人は今・・・的な番組や世間を騒がせた事件簿的な番組も容易に制作できない現状と言えるのです。

特に大きな事件の関係者の所在を突き止める作業は時間ばかりかかってしまい情報が得られないことも少なくないのです。

そのような現状からもご理解いただけるでしょうが「探偵が所在を突き止める方法」にも制限が存在し「判明不可な調査」も実際には少なからずあるものです。

誠意をもって悩める相談者に対峙してゆく姿勢を持っている探偵や探偵事務所ならば、「判明する可能性を事前に説明」した上で所在調査を実施するべきかの判断をご相談者に委ね、「所在調査が100%判明しない」現状を理解された上で調査に着手するべきと考えるのです。

所在調査に必要な情報と捜索手法

理由があり転居する人物の多くは「周囲や知人に新たな転居先を知らせる」ことが一般的です。

しかし、何の知らせも無いまま転居して音信不通な状況になる場合も世間では少なく無く同様に「転居しなければならない理由」が存在するものです。

現実に所在不明な人物の居場所を特定する作業を実施する上で重要となるポイントがこの「理由」と言えます。

探偵事務所が実施する所在調査に関して言うならば「所在不明になる理由」が情報として多い程、居場所が判明する可能性が高くなると言えるのです。

理由として上げられる大きな要因は「捜索手法が最適化」されることが大きいと考えられます。

仮に債務から逃れたいと考えて所在不明となった人物の居場所を特定する調査と、人間関係に嫌気がさして所在不明となる人物を同様の捜索手法で探したとしても、的を射た調査とはならないのです。

所在不明となった理由に適した調査手法を用いて捜索しなければ捜索結果に大きな違いが生じてしまうものなのです。

所在調査の料金・費用

A.調査員実働なし

70,000円~

対象者に関する情報の量によっては低料金で調査可能です。

B.調査員実働あり(人探し・家出など)

着手金+成功報酬制、調査期間(2週間・1ヶ月等)を設定し、地道な聞き込み等が主体となる調査です。

目安として2週間契約で着手金は300,000円~、成功報酬は難易度により変動します。

相談担当者がお話を伺った上で料金のお見積りを致します。

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら