ホーム > 調査 > 尾行調査について

尾行調査について

嘘と真実に直結した尾行調査

尾行による調査が有効な場面とはどのような場面か?対象人物の行動に嘘があり、実際には言葉と違う行動をとっている人物にもっとも有効な調査手法であると言えます。尾行調査が必要となるケースは様々存在しますが特に需要が高いケースが男女間の異性問題にかかわる嘘を疑って調査を実施する場面と言えるでしょう。

男女間の嘘には「思いやりある嘘」も時には存在するため一概にすべての嘘を悪いものと決めつけることはできません。相手を労わる心情や気使いから嘘をつく「大人の嘘」は良好な関係であっても存在するものです。

対して「自我を通すため嘘」の多くは幼稚な思考から必要となるケースがその殆どと言えます。

交際相手が存在していながら「他の異性との恋愛を同時進行」させるために必要な嘘をつくシチュエーション等は、まさに自我を通す為の幼稚な嘘と言えることでしょう。幼稚な嘘の多くは簡単に真実を知ることができるものです。

探偵や探偵事務所に相談するまでもなく「その場しのぎの嘘」の多くは入念さに欠け「一言二言の質問で動揺」が如実に現れることでしょう。

もし、ポーカーフェイスを得意とする人物ならば「プロの探偵に相談し尾行調査を実施」する判断も必要性に応じて選択し、真実や人物の本質を見極める判断材料となることでしょう。

自身で尾行するハイリスク

調査の相談者に多い発想に「自身で尾行し情報を得よう」という考え方をお持ちの方が存在します。探偵や探偵事務所に調査依頼した場合に発生する費用が捻出し難いと判断され、このような考えに至るのだと理解はしているのですが両手を広げて応援という感情には正直なりません。

どうしてか理由はいくつか存在するのですが一番にお勧めしない理由は「対象者に警戒」されるリスクが大きいことでしょう。

プロの探偵であっても一人での尾行は困難を極めます。ましてや顔を認識されている人物が一人で尾行となればハイリスクは覚悟しなければなりません。このような尾行が原因で「警戒心が強くなり調査不可」になる案件は少なくありません。

一度、警戒心をもった人物を調査するには時間と費用が多く必要とされるので悪循環と言えるのです。

全ての調査を探偵に任せることは高額な費用が必要となることでしょう。

出来ることをご自身ですることは悪いとは言いません。しかし、御依頼人が自身で関わるにはハイリスクな調査に関してはプロの探偵による仕事が安心と言えるのではないでしょうか。

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら