ホーム > ブログ > 被害妄想と現実

被害妄想と現実

探偵に調査をご依頼下さる依頼人の中には「被害妄想から調査」を実施される方が少なくない。相談しお話しを伺う経緯の中で「思いこみが強い発言」や「裏付けのない事実」などが多い相談の多くは、相談者が悩み苦しみ打ち立てられた「被害妄想」である可能性が否定できない。しかし、不安定な精神状態に調査で安心を提供で出来る場合が存在するため、相談者の状況を総合的に判断し「探偵は調査を実施」するケースもある。このように被害妄想をもったままの日常生活が先行き招く「依頼人の精神状態の悪化」を示唆していると判断できれば「探偵が調査した結果で安心が提供」できる。ご自分の思いこみによる誤解や日常生活からのストレスなどの悪循環が招く「不安定な感情」は調査により解消できる場合があり、事実を報告書として提出し多くの不安は取り除くことが可能であると探偵は考えている。

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら