ホーム > 浮気・離婚・御依頼者のその後

浮気・離婚・御依頼者のその後

浮気・離婚・御依頼者のその後と探偵のアフターケア

離婚して浮気相手と新たな人生を歩むことを選択する。この行動が幸せに向かっている場合は低確率であるといえます。

人の世は男と女で出来ています。探偵が主に実施する浮気調査の件数から言うならば納得できる言葉に他ならないと言えます。現代社会における離婚理由は異性問題が全てではないですが「性格の不一致」や「性の不一致」を離婚理由としているご夫婦の多くは「男女問題」が離婚に深く関わっていると考えて相違ありません。ここでは離婚を選択する人物が「離婚後にどのような心情で新たな生活を送っているか?」についてお話ししたいと思います。

子供があって離婚したご夫婦ならば「のちに不幸や後悔を感じる」ことは少なくありません。そのような離婚に踏み切るご夫婦の多くはお互いを「パートナーに対して愛情は無い」と断言される人物が多く「子供の親である前に一人の男性や女性」と考えているのです。

世の中で家庭を持って日々生活する既婚者の現実はそういうものだと探偵目線では向き合って日々の相談業務に対峙している現状ですが「何か物寂しさを感じる」瞬間でもあります。幸せな日常生活を送っているご夫婦からは想像も出来ない事実と言えるでしょう。

離婚問題に悩むご夫婦の多くは「今の結婚相手が恋愛の対象で無くなった為に浮気相手との熱愛関係」をもっている方であると言え、冷静な判断ができる精神状態ならば「浮気相手との将来」よりも「好きでもない家族との将来」を選ぶべきがベストな選択でしょう。わくわくドキドキなどは日常に得られることは少ない生活でしょうが「平凡な幸せ」とは地味な日常生活のことと思えるのです。

何故?離婚後に後悔の感情が浮かんでは消えてゆくのか・・・浮気相手との熱愛期間中には「ご自身の将来についての重要ポイントを考えられない」方が多く存在していることが原因しているとご理解いただけることでしょう。

確率のお話しになって申し訳ないのですが「過去に離婚した御依頼者」の多くは離婚後に「浮気程度で離婚などしなければ・・・」と後悔される時期が必ず訪れているのです。当然、我々探偵が浮気の証拠を撮影し「浮気が原因で離婚する」証拠を提示して諸々の請求が可能な離婚を現実に手にした被害者とも言える御依頼者であっても「必ず一度は後悔」をされているのです。

以上のように過去の御依頼者が歩んでいる状況からも理解できることなのですが「出来ることならば探偵に依頼する浮気調査は浮気を制止を目的に実施される」ことが将来的に後悔が少ない方向性と考えるのです。探偵は調査後のアフターケアも実施する職業であり「御依頼者のその後」をお話しに伺う機会を多く持つことから上記のような「後悔の心情」を多くの御依頼者が持って「その後の人生を歩んでいらっしゃる」事実を知っているのです。

私たちはあなたの味方です。お気軽にご相談ください。

無料相談はこちら